廃車買取は車によって違うの?

廃車買取は車種によって違うのでしょうか?
車種によって違いがあるのは当然ですよね
例えば、部品取りも需要がありますし、中東ではトヨタ車は故障が少ないので人気があります

このページでは、具体的な車種よりも種別による傾向について書いています
参考にしていただければ幸いです

国産車の廃車買取の傾向は?


日本の自動車メーカーは世界でも人気が高くなっており、見た目だけでなく走行性能や安全性、故障が少ないなどの理由から多くの日本車ユーザーが海外にもいて、日本の自動車メーカーが海外で製造して日本に入ってくる逆輸入車についても人気が高くなっています。

国産車の人気は海外だけでなくもちろん日本においても多くの人が乗っているように高い人気であることが分かると思いますが、国産車の中古車市場についても新車の市場に負けず劣らずくらいにまで発達していて、良質な中古車が安価な金額で手に入れることができるようになっています。

また、性能が良いので古くても需要が多いのが特徴となっていますが、国産車であれば中古車として売却するだけでなく古くなって乗ることができなくなった車を廃車買取という形で買取してもらえる場合もあります。

廃車にするためには処分料を支払わないといけないので金銭的な負担が大きくなってしまうというデメリットが今まではありましたが、部品取りや劇用車として使用されることも多いことから最近では廃車買取をするような業者も増えました

もちろん、国産車だけに限った話しではなくトラックや商用車、二輪車までさまざまなタイプの車両を廃車買取してもらうことができるようになっていますが、取引においてはトラブルも多く発生しているので注意が必要です。

また、インターネットのオークションサイトなどの活用によって個人的に売却するという選択肢もありますが、やはり個人間はトラブルが多いので業者の買取がおススメです。

二輪車の廃車買取


二輪車は車と違って渋滞に強いというメリットがあり、さらに燃費が低いというメリットがあることから車を所有している人でも通勤や通学用に購入して乗っているという人も多くいますが、二輪車には大きく分けて原付と車検不要の中型バイクと車検必要の大型バイクに区分されます。

特に乗っている人が多いのが原付の区分になりますが、原付の場合は自動車の運転免許を保有していることによって運転することができるので乗るまでの敷居が低い特徴があり、なおかつ維持費用もかなり安いことから多くの人が生活の足として利用しています。

そのため、中古タイプの原付も多く出回っていますが、単価が車や大きなバイクに比べると安くなっているので購入にかかる負担は少ない一方で乗ることができなくなったバイクを売却する場合に高い金額になることが少ないのも特徴です。

しかしながら部品が不足してない原付は多いので廃車買取で依頼すると売却するよりも高く買取をしてもらえるような場合もあるので、乗らなくなったバイクがある場合は中古バイク業者だけでなく廃車買取業者でも査定してもらうことをおすすめします。

バイクの廃車買取業者は車の廃車買取に比べると少なくなっていますが、探せば全国対応のところも多いので比較して選んでいくとよいでしょう。

また、バイク保険や税金などの還付を巡ってのトラブルは多く発生しているので、どれくらいの金額が戻ってくるかということも事前に調べておくようにしましょう。

トラックの廃車買取


トラックは物流業界にとって必要不可欠な車両となっており、運転するためには大型車の運転資格が必要なことから乗っている人の多くは仕事を目的としている人で、日本の経済の下支えをしてくれています。

トラックは毎日数百や数千という距離を走るのも普通ですが、普通車と違って走行距離がかなり長くなっているので、車だと20kmも走ればかなり寿命はすり減っているものの、トラックの20kmだとまだまだ若い部類に入ってきます。

そのため、中古車と中古トラックでは市場価値を算出する上で走行距離や年式を同等に考えることはできませんが、これは廃車買取についても同じことでトラックと普通車では廃車買取の計算方法は違ってくるので注意が必要です。

また、トラックの廃車買取はトラックの取り扱い専門業者に対してとなりますが、所有しているトラックのタイプや装備などによっても金額はかなり違ってくるので、必ず一社だけにしてしまうのではなく複数の業者にチェックするようにしましょう。

トラックの価値はさまざまな要素で決まってきますが、中古トラックとして売却する方が廃車にするよりも高く売れる場合もあれば、反対に廃車買取として売却する方が高値で売ることができる場合もあります。

このように中古トラックとして取引するか廃車予定として取引するかによっても概要は異なってくるので、その点には注意をして取引を進めていくようにして業者の垣根を超えて査定してもらうようにしましょう。

商用車の廃車買取


商用車とは車で主に使用されている車両のことを言いますが、商用車は会社にとって必要不可欠な車であり、そこにロゴを載せることで宣伝をするという効果もある一方で、業種によっては毎日のように何百kmという距離を走ることになるため、車の経年劣化というのは著しいものがあります

そのため、普通車と商用車はタイプという点では似ていても一色痰に考えることはできず、通常は切り離して価値などを考えるのが普通になっていますが、普通車では価値がないような状態になっていても商用車だと高く売ることができる場合もあります。

商用車はバンやワンボックスタイプを利用することが多くなっていますが、これらの車種というのは海外での人気が非常に高くなっているので、少々古くても海外で輸出することによってかなり利益を得ることができます。

また、海外で多く使用されているということはそこで修理した場合に部品が必要になるわけですが、車の数に比べると相対的に部品が足りてない現状もあるので、廃車買取してもらった際に高値での取引ができる場合もあります。

昔に比べると廃車買取業者は増えており、商用車を専門的に買取してくれるようなところも増えましたが、取引においてはトラブルが発生するリスクもあるということを念頭において取引を進めていく必要もあります。

廃車買取してもらうことができず無料の引き取りになっても廃車処分費用が不要なだけ得をしたという考え方もできると思います。

外車の廃車買取


外車というのは海外で製造された車のことで日本でも外車が多く走っていますが、日本では海外の自動車メーカーが車を製造してないので、日本以外で製造された車がすべて外車ということになります。

ちなみに日本のメーカーが海外進出をしており、そこで車を製造しているケースもありますが、その車が日本に入ってくる場合は外車ではなく逆輸入車と呼ばれており、外車と同様に人気を集めています。

外車市場は国産車に比べると圧倒的にシェアが小さくなっているものの、それだけ流通が少ないということは部品が足りてないということでもあり、外車は廃車買取を依頼すると思わぬ高値で売れることがあるのも、部品取りとしての価値が高くなっているためです。

外車の廃車買取業者もいますが、いずれにしてもまずは見積もりや査定を受けることがおすすめで、それぞれの業者によって査定する金額にバラつきが大きいというのも外車取引における特徴になっています。

廃車買取までの流れについては査定から始まって、そこで提示された金額を比較して業者を選んで、そこからは本査定を受けて取引する日にちを決めていくという形になり、業者が引き取りにきて取引は終わりとなります。

廃車買取は保険や税金などの還付が中古車取引とは異なっているのでその点には注意する必要がありますが、実際にトラブルなども多く発生していることを考えると事前にトラブルリスクに備えた取引を考えるということも大切です。

軽自動車の廃車買取


車を廃車にするには時間がかかってしまって費用もかかるという理由からすぐに処分しないで先延ばしにしてしまう人も多いと思いますが、思いついたタイミングから行動に移すことがおすすめです。

先延ばしにすることで損をしてしまう可能性もありますが、これは廃車にすることによって残っている税金や保険の還付を受けることができて、それだけでかなりのお金が入ってくる可能性もありますが、廃車にする日から起算した計算になるので、後になればなるほど手元に入るお金は少なくなってしまうというものです。

そのため、廃車を検討している場合でも早めの行動が必要になってきますが、廃車買取サイトなどを利用することによって簡単にどれくらいの金額で売却することができるかどうかということを知ることができるので、まずはチェックしておくとよいかもしれません。

軽自動車についても廃車買取を依頼することができますが、軽自動車の場合は車体の単価がそこまで高くないので思ったような金額での取引はできないかもしれません。

しかしながら需要が非常に多く車種によっては部品が足りてないような場合もあるので、部品取りとして高く売ることができることもあるため、まずは廃車買取をしてくれるところに相談して査定を受けるとよいでしょう。

いろいろな処分方法がありますが、失敗しない取引をするためには取引をする事前にどれだけ情報を集めることができるかということが要点になってきます。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。