車買取のメリットとデメリットについて考えてみよう

車買取のメリットは、人気の高い車が高く売れることです
市場で人気のある車は、ディーラーや中古車販売店よりも高くなる傾向にあります

一般的にディーラーに下取りに出すよりは、車買取店に出す方が高く売却することができます
ディーラーに下取りを依頼する場合、下取りした車の価格が解りづらい難点があります

車買取店がディーラーでの下取り価格より高くなるのは、買取りした車を流通させるオークションの規模がディーラーよりも大きいからです
ディーラー系列で取引されるのと違い、全国各地の業者のオークションで取引されるので、多くの需要が期待できます

買取りから売却するまでの期間が短いのもメリットで、店頭で在庫を抱えるコストが安く済み、結果、高く売れることにつながります
買取店は、基本、オークションでの売価を踏まえて買取りしてくれるので、買取価格が上がりやすいメリットがあります
ドレスアップなどいじった車でも、一定の評価をしてくれるというのも、車買取のメリットです

買取業者の中には、海外輸出ルートを持っているところもあるので、海外で人気の高い車種を持っている人は、高額で買取してくれる可能性が高いです

買取りが有利なのは

買取りが有利なのは、ディーラーでの下取り価格よりも高くなることが多いところです
ディーラーより、高く査定してくれるのは、買取りした車の再販売力に強みがあるからで、短期間に販売できる販売網をしっかり整備しています

在庫の回転率が高く、自社販売網だけでなく、業者間オークションで車を売却できるメリットがあります

最近では、一括査定が人気で、愛車の簡単な情報を入力するだけで、複数の車買取会社に一括で愛車の査定を依頼することができます
また、一括査定買取りに依頼すれば、名義変更などの面倒な手続きも買取店が代行してくれます

アフターケアが充実していて、お客さんが求めている中古車買取に関するニーズにきちんと応えてくれるのも、買取りの有利な点です
自動車税の返金やローンの途中売却などのケアにも対応しています

また、買取店の中には、契約成立で、ANAマイレージやJALマイレージなど、マイルやポイントがたまるサービスを提供しているところもあります

部品市場への独自ルートをもっている買取店もあり、低年式の自動車や事故車、不動車などでも買取りしてくれるというのも、買取りが有利な点です

買取りのデメリットを考えてみよう

メリットに対して車買取りのデメリットは、買取専門店の動向にあります
買取店では、市場のニーズにあった車を高く買い取る傾向にあり、年式が古い車や走行距離が長い車などは敬遠されるので、人気のない車を所有している人にとっては、大きなデメリットになります
人気のない車に対しては、かなり厳しい価格をつけてきます

また、売却の際、契約したらすぐに引渡さないといけないので、新しい車が納車されるまで長い期間待たなければならないのもデメリットです

車買取りの際には、業者によって査定価格が大きく違うというデメリットもあります
業者間で査定が異なるので、どこの買取店に依頼すればよいのか迷うところです

車買取店は、それぞれ独自の販売ルートを持っていて、買い取りたい車種は、買取店によって異なります
こちらが売却したい車に対して、ニーズを感じてもらわなければ、当然、低い査定を受けることになります
結局、買取店に査定を依頼する場合、複数の業者に依頼しなければならないことになります

何軒も買取店を回らなければならないとうのは、手間がかかり、大きなデメリットと言えます

買取りが不利なのはどういったケース?

買取りが不利なのは、先ほども書きましたが、業者によってバラツキがあるところです

愛車の相場を把握していないと、安く叩かれる可能性があります
ここは注意しておきたいですね

買取店が車を査定した金額を言わないのは、相場よりも安い価格で売却を了承させるためです
そのため、買取店に査定依頼する場合、まずは売りたい車の今の相場を知っておく必要があります

ネットや車の雑誌などで情報を収集し、売却する車がどのくらいの金額で売られているのかを事前に確認しておかないといけません

複数の買取店での売り値を知っておくことが大事で、同じ車種でも、年式や走行距離、グレードや色の違い、修復歴や事故歴の有無などで、大きく値段は変わってきます
複数の車を見比べていくことで、価格にばらつきがあることがようやく分かってきます

買取りが不利なのは、営業トークに騙される可能性が高く、事前準備がないと、安い査定価格で車を手放してしまう可能性が高いことです
買取店は車を安く買取るため、車の不利な点を列挙してくるので、売る側としては、それに応戦する形で、売却する車の利点を述べられるよう、事前準備をしておかないといけません

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。